投資信託のリスク | J.P.モルガン・アセット・マネジメント

現在のページ: ホーム > 投資信託を知る > 投資信託の基礎知識 > 投資信託のリスク

文字の大きさ大中小

注目のファンド
JPMベスト・インカム
JPMグローバル医療関連株式ファンド
注目のコンテンツ特集
J.P.モルガンの情報提供サービス
ストラテジストのいまを読み解くブログ
J.P.モルガンの日本株運用特集
J.P.モルガンのCBスタジオ
J.P.モルガンInsightsアプリ
マーケットレポート

投資信託のリスク

印刷する

投資信託はリスクを含む商品です。
預貯金とは違い、株式や債券など、値動きのあるものに投資しますので、それらの価格変動に応じ、投資信託の基準価額も変動し、損失を被ることもあります。


以下は、投資信託の代表的なリスクです。
投資信託は、何に投資するかによって、リスクも様々です。それぞれの投資信託がどのようなリスクを含んでいるか、理解することが重要です。

価格変動リスク

投資信託が組み入れている株式や債券等の価格変動により、下落して資産価値が減少するリスクです。これより基準価額が影響をうけます。

為替変動リスク

海外の株式や債券等に投資する投資信託で、為替ヘッジを行わないものは、投資先の株式や債券の価格に変化がなくても、為替相場が変動することによって、基準価額が影響を受けます。

金利変動リスク

金利変動リスクとは、金利の変動によって、債券価格が変動するリスクのことです。一般に、金利が上昇した場合には、債券価格が下落します。各債券の値動きの幅は、残存期間、発行体、債券の種類によって異なります。

信用リスク

投資信託が組み入れている株式や債券等の発行体の財務状況の悪化や倒産等の影響や、発行体が債券の元金や利息をあらかじめ決められた条件で支払うことができなくなることにより、価格が大幅に下落したりするリスクをいいます。
このような株式や債券を組み入れていることにより、基準価額が影響を受けます。




上記以外にも、投資信託にはリスクが存在します。投資信託説明書(交付目論見書)の「投資リスク」には、それぞれのファンドがどのようなリスクを含んでいるのかが記載されていますので、投資する前にぜひ確認してください。

投資信託のしくみ

▲ページの先頭へ移動