投資信託の特徴 | J.P.モルガン・アセット・マネジメント

現在のページ: ホーム > 投資信託を知る > 投資信託の基礎知識 > 投資信託の特徴

文字の大きさ大中小

注目のファンド
JPMベスト・インカム
JPMグローバル医療関連株式ファンド
注目のコンテンツ特集
J.P.モルガンの日本株運用特集
J.P.モルガンのCBスタジオ
アジア・新興国株式運用チームからのメッセージ
J.P.モルガンInsightsアプリ
マーケットレポート

投資信託の特徴

印刷する

投資信託には様々な特徴があります。

特徴1 少額投資が可能

投資信託は少額(多くの場合は1万円)からでも手軽に始めることができます。
例えば株式投資を行う場合は比較的まとまった資金が必要ですが、投資信託は、多くの投資家から集めた資金をまとめて運用しますので、投資金額が1万円だったとしても、当該株式を購入したときと同様の運用効果が得られます。
少額の資金でもスケールの大きな投資ができます。

特徴2 分散投資が可能

投資信託を購入すると、投資家は投資信託1つに投資するだけで、世界中の株式や債券などに投資するのと同じ分散効果を得ることが可能になります。
投資信託は、リスクの大きさや収益性、値動きの異なる複数の金融商品を組み合わせて分散して運用するので、例えば、株式と債券に投資する投資信託の場合、仮に株式の値段が大きく下落した場合でも、債券が値上がりしていれば損失を軽減もしくは相殺することが出来るのです。

特徴3 投資のプロが運用

投資信託は運用についての知識、情報、経験をもつ投資のプロが運用・管理をします。
また資金の運用を専門家に任せるので、お客さま自身が情報を集めたり、投資銘柄を決定する必要がありません。
これにより、一般的に個人ではなし得ない、専門家ならではの運用効果が期待できます。

投資信託のリスク

▲ページの先頭へ移動