用語集 | J.P.モルガン・アセット・マネジメント

現在のページ: ホーム > 投資信託を知る > 用語集

文字の大きさ大中小

注目のファンド
JPMベスト・インカム
JPMグローバル医療関連株式ファンド
注目のコンテンツ特集
J.P.モルガンの日本株運用特集
J.P.モルガンのCBスタジオ
アジア・新興国株式運用チームからのメッセージ
J.P.モルガンInsightsアプリ
マーケットレポート

用語集

印刷する

投資信託をはじめる前に知っておきたい用語について、分かりやすく説明いたします。

基準価額

純資産総額をファンドの全口数で割った1口あたりの時価のことをいいます。ファンドによっては1万口あたりで表示されています。

信託財産留保額

信託財産留保額とは、途中換金(解約)した人と、その投資信託を継続的に保有している(受益者)人との公平性の確保を行うためのものです。例えば、投資信託を途中換金(解約)した場合、有価証券の取引コストが発生します。信託財産留保額がないと、この取引コストは、その取引とは無関係の受益者が負担することになります。このような事態を避けるために、設けられたのが信託財産留保額です。

個別元本

個別元本とは投資家がその投資信託を購入した際の基準価額です。税法上の元本となり、解約時の解約価額が個別元本を上回った部分が課税対象部分となります。個別元本は追加購入をした場合や、分配金の支払いが行われた場合は修正されます。

収益分配

信託約款で決められた方法で受益者に金銭を支払うことを収益分配といい、その金額を収益分配金といいます。収益分配金は投資信託の決算日ごとに投信会社が決定し、原則として決算日から起算して第5営業日目までに現金で支払いが開始されます。

自動けいぞく投資

累積投資と呼ばれる場合もありますが、投資信託から生じる収益分配金を税金を差し引いた後、自動的に再投資することをいいます。

償還乗換え

投資信託が償還した場合には全資産の換金を行い、償還金として投資家に返還しますが、その返還された金銭を用いて、別の投資信託を購入する場合をいいます。償還乗換により投資信託を購入する場合、募集・販売手数料が無料あるいは割引かれることがあり、これを償還乗換優遇制度といいます。

純資産総額

投資信託に組入れている株式や債券などの合計金額(時価)から運用にかかる費用等を差し引いた信託財産の総額をいいます。

信託報酬

信託報酬とは信託財産の運用にかかる費用で、日々投資信託財産から差し引かれます。信託報酬には、投資信託委託業社のファンドの運用に対する報酬、受託銀行(信託銀行)の投資信託管理・保管に対する報酬、販売会社の収益分配金や償還金の支払等代行業務に対する報酬が含まれます。

▲ページの先頭へ移動