顧客本位の業務運営 | J.P.モルガン・アセット・マネジメント

現在のページ: ホーム > J.P.モルガン・アセット・マネジメントについて > 顧客本位の業務運営

文字の大きさ大中小

注目のファンド
JPMベスト・インカム
JPMグローバル医療関連株式ファンド
注目のコンテンツ特集
情報を味方に 視界をクリアに
Market Insightsプログラムについて
運用の匠が掘り起こす日本株の成長力
J.P.モルガンのCBスタジオ
マーケットレポート

お客様本位の業務運営

印刷する

JPモルガン・チェース・アンド・カンパニー(以下、「JPモルガン・チェース」)の日本における事業会社の一員であるJPモルガン・アセット・マネジメント株式会社(以下「当社」といいます。)は、JPモルガン・チェースが定めているビジネス原則に則り業務運営しています。当社およびJPモルガン・チェースの日本における事業会社の顧客本位の業務運営の方針はこちらでご覧いただけます。

また、当社は、資産運用業のプロフェッショナルとして、運用能力の高度化、運用手法の多様化を通じ、お客様の様々な資産運用ニーズにお応えするべく鋭意努力を重ねております。運用会社としてお客様との共通価値を創造していくにあたり、以下に定める方針のもと、高度の専門性と職業倫理を保持し、お客様に対して誠実・公正に業務を行い、お客様の最善の利益を最優先に置いた業務運営に努めて参ります(原則1)。

なお、当社は、より分かり易い情報提供の観点から、方針と取組状況に係る成果指標(KPI)を一覧できるようページの構成を刷新しました(2018年1月公表済みの取組み状況についてはこちら)。

当社は、お客様に相応しい商品・サービスを提供し(原則6)、手数料を含めた重要な情報を分かり易くお客様に提供・開示するよう努めて参ります(原則4、5)。また、お客様の資産運用ニーズを真に把握し、お応えするためには販売会社の販売員の皆さまや最終投資家の皆さまの金融リテラシーの更なる向上が不可欠との認識から、資産運用に係る啓蒙活動をサポートするための積極的な情報提供を行って参ります(原則5)。

取組み状況

当社が設定・運用を行う投資信託

当社は、販売会社との綿密な打ち合わせを通じて得た想定されるお客様属性をもとに、リスク特性も含めた商品内容を投資家の皆様が十分にご理解いただける商品、中長期の資産形成の一助になり得ると判断する商品を提供することに努めております。また、世界の経済環境や市場動向を包括的に提供する投資教育プログラム「Market Insightsプログラム」を展開し、四半期ごとの定期セミナー、レポート配信、タブレット端末向けアプリの提供を通じた販売会社向け営業支援はもとより、個人投資家の皆様の金融リテラシーの向上をサポートさせて頂くべく、同プログラムは当社ホームページの下記リンクより無料にてどなたでもご活用頂けるようになっております。

※ Market Insightsプログラムはこちら

機関投資家の皆様へ提供している商品・サービス

当社は、お客様の資産状況、取引経験、取引目的等を総合的に勘案し、対象の商品・サービスがお客様にとって相応しいと判断した上で提供することに努めております。また長期的な市場見通しを元に毎年発行するロング・ターム・キャピタル・マーケット・アサンプション(LTCMA)等も活用しながらお客様の中長期的、安定的な資産運用に資する情報提供を積極的に行っております。また、当社で独自に行っている企業年金運用動向調査は2008年度以降、毎年実施しており、集計した調査結果は企業年金基金の今後の資産配分の参考にして頂く情報としてご活用いただいております。

※ LTCMAについてはこちらをご参照ください。

適切で分かり易い情報提供・開示について

お客様に相応しいサービスを提供するうえで、重要な情報をすべてのお客様にとって分かり易く提供することはお客様の投資判断にとても重要なことだと考えております。投資経験に関わらず、すべてのお客様に商品内容をご理解いただき、資産形成に役立てていただけるよう、当社は提供する情報の内容のみならず、配置等のデザイン、情報発信のタイムリーさ、提供方法等様々な角度から、適切な情報提供が何かを継続して検討し、お客様サービスの向上に努めております。特に、お客様にご負担頂く手数料その他費用について、法令に則り、正確且つ可能な限り詳細な情報を、お客様の観点から分かり易く開示するよう努めており、今後も常に開示方法の改善に努めて参ります。

投資教育プログラム「Market Insights」に関連する取組み
  • 定期セミナーの継続的な実施
    2018年に実施した販売員向けセミナーの参加人数はのべ5,993名
    参加者を対象としたアンケート結果:満足度95%、リピート率61%

    セミナー参加者数の推移
  • ストラテジストが各種メディアにて積極的に情報発信
    2018年1月~12月のテレビ出演17回(テレビ東京「モーニングサテライト」ほか)
    東洋経済オンラインにてマーケットの環境、投資の考え方を解説
    日本経済新聞等、報道機関からの問い合わせに多数のコメントを寄せ、紙面にて掲載される(2018年で185回)
  • 2018年1月22日、タイムリーにマーケットコメントを発信するブログサイトを開設
    12月末までの配信本数57本、ページ閲覧数19,268回
  • 2018年10月9日、プログラムの全体像をまとめたウェブサイトを開設、各種デジタルコンテンツに直接アクセスが可能に
    12月末までのページ閲覧数4,415回
 
投資の基本を理解していただくための取組み
  • 2018年5月11日、ウェブサイトに「投資信託を知る」コーナーを開設
    長期投資や分散投資、NISAやiDeCoなど、投資に関するさまざまな情報をグラフや図表を用いて解説
    12月末までのページ閲覧数2,747回
  • 2018年9月14日、「J.P.モルガンの情報提供サービス」コーナーをウェブサイトに開設
    投資にまつわるさまざまな情報をあらゆる角度から記事にて解説
    解説文は端的にまとめ、図表や動画を使いつつ、わかりやすさを重視
    12月末までのページ閲覧数8,206回
主要な商品を理解していただくための取組み

JPMベスト・インカム(年1回決算型)/(毎月決算型)

  • 2018年6月7日、スペシャル・ウェブサイトをリニューアル
    12月末までのページ閲覧数177,472回(リニューアル前を含む)
  • 2018年11月18日、マネーフォワードが開催したイベント「お金のEXPO2018」に参加
    一般投資家約2,000名が来場、うち約350名が当社セミナーに参加、650名以上に当社ブースにおいて「インカム投資」を解説
  • 投資家向けレポート8本のほか、インカムの意味やその重要性などをわかりやすく説明したツール、セミナー資料、販売員向け勉強会資料、ロールプレイ集などの情報提供を実施

JPMグローバル医療関連株式ファンド

  • 2018年6月1日、スペシャル・ウェブサイトをリニューアル
    スペシャル・ウェブサイトに月次の市場および運用状況を簡単に理解できるコーナーと、医療に関するトピックを紹介するコーナーを新設
    12月末までのページ閲覧数25,699回(リニューアル前を含む)
    10月17日、医学博士である運用担当者による解説動画をリリース
  • 投資家向けレポート5本のほか、A3サイズの商品説明ツール、セミナー資料、販売員向け勉強会資料、Q&A集などの情報提供を実施
動画を活用した情報提供
  • 分かりやすい情報提供を実現すべく、一般投資家向けに当社ウェブサイトやユーチューブで各種動画を配信
    2018年1月~12月の新規制作動画74本、再生数:当社ウェブサイト内5,943回、ユーチューブ内8,330回(12月末まで)
  • 金融機関の投資信託販売員を対象とした動画の提供
    販売員向けに実施したセミナー動画や商品説明のための研修用動画など、12月末までに計8本を制作し、投資信託取扱い金融機関に提供
当社が設定・運用する公募投資信託の運用実績(純資産総額上位20ファンド、2018年12月末現在)
 
外部評価機関からの受賞

当社は、企業価値の向上と投資先企業の持続的成長に向けたスチュワードシップ責任を適切に果たすことによってお客様の最善の利益の追求に努めて参ります(原則2)。

取組み状況

当社は、運用機関として2014年5月28日に日本版スチュワードシップ・コードの受け入れを表明しました。そしてその責任を果すため、企業経営者とのミーティングをはじめとした対話の機会を活用し、運用機関の立場から企業に対し経営改善のための意見表明を行うなど、企業価値向上と企業の持続的成長を促すことを目的として、建設的な対話に努めてきました。2017年の日本版スチュワードシップ・コードの改訂を踏まえて、「日本版スチュワードシップ・コード7原則に対する取り組み」を同年11月28日に更新しました。

企業への働きかけが具体的な変化に繋がるには時間を要する場合が多いと考えますが、中長期的な視点を持ち、粘り強く継続することが、企業価値の向上に広く繋がるものと認識しています。

「日本版スチュワードシップ・コード7原則に対する取り組み」に関する自己評価は、取締役会からリスク管理に関する事項を委任されているビジネス・コントロール・コミッティーにおいて原則毎年行い、その結果は2018年以降当社ホームページ上で開示しております。

また企業との対話に加えて、当社ではお客様との投資一任契約により当社の裁量で議決権を行使できる日本株式、および当社自身が設定・運用する投資信託で保有する日本株式を対象に、原則として全ての議決権を行使しています。こちらの行使指図結果についても、ホームページ上で開示しております。

議決権行使等に関する情報はこちら

スチュワードシップ活動が、中長期的な視点で企業価値の向上を目的としていることから、ESG(E(Environment=環境)、S(Social=社会)、G(Governance=ガバナンス))の各要素を考慮することは不可欠だと考えます。その観点からも、当社の運用プロセスでは、企業との継続的なエンゲージメントは重要な役割を果します。企業との対話等を通じて、個別銘柄のESGリスクの確認・軽減を目指し、社会や環境の要因が企業の中長期業績に影響を与える可能性があるか否かも判断します。

継続的な企業との対話を重視

企業との目的を持った対話(エンゲージメント)に努め、年間を通じて対話を重ね、企業価値向上を促す働きかけを継続的に行うことにより、お客様・受益者の中長期的な投資リターンの拡大を目指しています。
企業のガバナンス面の向上を目的としたエンゲージメントを行うこともあるが、同時に、投資先企業・調査対象企業の状況を確認し、企業の評価を行う運用プロセス(アクティブ運用)の一環として、企業に対し、資本効率の改善やその他の経営改善のための意見表明を行うなど、企業の持続的成長を促すことを目的に、建設的な対話に努めています。
アクティブ運用を行っている当社では、エンゲージメント専任部門は設けておらず、エンゲージメントはポートフォリオ・マネジャー、またはアナリストによる通常のリサーチ活動の一環として行われていると考えています。これに加えて、ESGスペシャリストも運用部門と共同、もしくは独自にエンゲージメント・ミーティングを行います。

  • 委託会社を含むJ.P.モルガン・アセット・マネジメント内の日本株式担当者による企業取材件数は、のべ約4,200件(2018年)
    (日本株式運用担当のポートフォリオ・マネジャーと投資調査部アナリストの日本株式についての企業取材件数の合計)
  • ESGスペシャリストの企業取材件数(注1)は約60件(2018年)
議決権行使方針の改訂

議決権行使は企業の中長期的な価値向上を促すための手段の一つであるという考え方のもと、2018年4月に議決権行使方針の明確化および強化を目的とした改訂を実行しています。

  • 主な改訂点
    1. 社外取締役の数・取締役会の構成
      社外取締役の比率が総会後の取締役会で3分の1に満たない場合、社長等、代表取締役の選任に原則反対することを明記しました。 既に2016年4月以降、社外取締役が2名以上選任される事を基準に盛り込んでいましたが、取締役会において社外取締役が少数株主の代表として積極的に発言・活躍することは企業の中長期的な成長の観点から非常に重要と考え、基準を更新しました。
      女性取締役の選任を望んでいること、また、女性に限らず、経験や国籍など全般的な多様性に関する施策を企業全体の取組みとして期待する旨を追記しました。
    2. 株式の保有・持ち合い
      原則として当社が株式の保有・持ち合いは支持していない旨をより明確に記すとともに、企業に政策保有の合理性に関する検証内容の開示を求めることを追記しました。
  • 2018年1月~12月議決権行使結果(2019年3月更新)
    対象総会数  
    定時株主総会 400
    臨時株主総会 8

    2018年1~6月株主総会 議案別議決権行使結果(個別銘柄ごとの行使判断の開示)
    2018年7~12月株主総会 議案別議決権行使結果(個別銘柄ごとの行使判断の開示)
  • 取締役選任案に対する行使判断(2019年3月更新)
    2018年、会社提案の取締役選任案の反対比率が昨年の21%から25%に上昇しました。

    取締役選任に反対理由内訳(2018年1月~12月)
    個別候補ごとの件数(注2)
    取締役会が15名超 319
    社外取締役候補の独立性欠如 229
    社外取締役比率が1/3未満 223
    総還元性向の水準が不十分 143
    過度の株式の持ち合い 33
    ガバナンス上の問題 18
    社外取締役の出席比率 4
    在任期間の長い取締役 3
    社外取締役が2名未満 2

当社は取引におけるお客様との利益相反の可能性を可能な限り詳細に把握し、かつその可能性がある場合には適切に管理します(原則3)。

取組み状況

利益相反管理の取組みについては、こちらをご参照ください。当社が設定・運用する公募の投資信託において発生する可能性のある、投資家の利益を害することとなる潜在的なおそれのある取引と、それにより投資家の利益を害しないことを確保するための措置の詳細については、各投資信託の請求目論見書に詳細を記載しております。

当社は、お客様の最善の利益を図るため、高度の専門性と職業倫理を保持し、お客様に対して誠実・公正な業務運営を行う企業文化を醸成し(原則2)、それに向けた従業員に対する適切な動機付けのための枠組みを整備します(原則7)。また、企業の社会的責任を果たすことは社会全体の相乗的発展に資するものであるとの認識のもと、CSR活動に積極的に取り組んで参ります(原則2)。

取組み状況

研修制度

社員が業務を遂行する上で必要な知識・技能を取得する様々な研修機会を設けています。研修は入社時研修レベルからリーダーシップ研修、またマネジメント研修まで広範囲にわたり、その職種、所属する部門あるいは地域に合わせて提供しています。また、法令や規制の順守・管理を目的とした研修プログラムも実施しております。CFA, CMA資格取得や語学力向上といった自己啓発に対する支援も含め、社員の専門性を高める取り組みを行っています。

当社は社員が継続してお客様に質の高いサービスを提供するために、社員自身のウエルネスが重要なものと考えています。ウエルネスは、身体、メンタル、財務の3つの分野からなり、それぞれの分野の研修機会を設けています。

人事評価制度

当社を含むJPモルガン・チェース・グループは、厳格で規律のある業績評価方法を用い、一年を通して従業員の業績評価を行っています。業務評価方法は多面的でバランスのとれた視点での評価となるように設計されており、以下の4つのカテゴリーから評価されます。これら4つの業績評価カテゴリーは、リスク管理の責任を負いながら、継続的な株主の利益を追求するための長期的目標を考慮しています。これらすべて、ひとつの要因や要素に偏らないよう、考えられています。

  • ビジネスの実績結果
  • お客様重視
  • リーダーシップおよびチームワーク
  • リスク管理および行動

マネージャーは、ビジネスの実績結果、お客様重視、従業員管理およびリーダーシップ、リスク管理等を総体的に考え、報酬決定プロセスおよび従業員の業績評価を実施する重要な役割を担っています。従業員の業績評価を、会社のビジネス原則である “How We Do Business” の観点から、何をどの様に成し遂げ完了したかを総体的に査定し、リスク管理、業績および報酬が連動する行動規範と管理の企業文化を強化・促進する責任を持ちます。

マネージャーおよび従業員は、リスク管理および行動に対する評価も含まれた総合的なフィードバックをその上司、部下からのみならず同レベルの従業員や同僚から受け取り(年間を通した360度評価)、これを業績評価および人材育成に活用しています。

日本におけるCSR活動

当社ではJPモルガン・チェース財団による支援の対象として就労支援やスモールビジネス支援に注力しており、日本においても雇用創出や地域社会の発展を担うNPO等にグラントを提供しています。東日本大震災の被災地復興支援にも継続して取り組んでいます。社員も自らの専門知識や技能、経験を活かして支援先NPO向けのプロボノ活動に積極的に参加しています。

また、社員によるボランティア活動も積極的に行っており、日本においては、有志社員で構成するフィランソロピー・コミッティが多様なボランティア活動を企画・運営しています。J.P.モルガンは、社員がボランティア活動を通じて社会意識を高め、地域社会に貢献することを積極的に推奨しています。

J.P.モルガンの日本におけるCSR活動の詳細はこちら

お客様により一層信頼いただける運用会社としてお客様本位の業務運営に努めてまいります。


<Market Insightsプログラムについて>
セミナー満足度は2018年第4四半期定期セミナー参加者向けアンケート調査の「満足」「大変満足」の合計値。全回答数892名。リピート参加率は同アンケート調査のリピート参加者の合計値。セミナー参加者数の推移は主に複数の販売会社を対象に当社のセミナールーム等で実施したセミナーの実績です。このほか、販売会社の支店等で個別にマーケット勉強会を多数実施しています。

<当社が設定・運用する公募投資信託の運用実績について>
シャープ・レシオは、投資リスクに対して獲得したリターンを計測する指標(尺度)です。値が大きいほど、リスク対比でリターンが高く、効率の良い運用成果と評価されます。投資収益(騰落率)から無リスク資産の収益率を差し引いたものをリターンの標準偏差(リスク)で割って計算されます。2018年12月末時点で純資産総額が大きい国内公募投資信託20ファンドを抽出しています。ただし、募集の終了した単位型ファンドや限定追加型ファンドを除きます。なお、グラフ内のデータは純資産総額上位20ファンドのうち、基準日時点で運用期間が5年以上経過している16ファンドのものとなります。ファンドのリターン(騰落率)は分配金を再投資したものとして計算。信託報酬が控除された基準価額のデータを使用。コストはファンドの信託報酬に投資先ファンドの運用報酬(ファンド・オブ・ファンズの場合)を加えた実質的なコストを使用(税抜き表示)。ただし、購入時手数料や信託財産留保額は含まれません。したがって投資家利回りとは異なります。計測期間は2014年1月~2018年12月。上記は過去のデータであり、将来の運用成果を示唆・保証するものではありません。ファンドのリスクおよび費用の詳細は各ファンドの目論見書をご覧ください。

<R&Iファンド大賞について>
「R&Iファンド大賞」は、R&Iが信頼し得ると判断した過去のデータに基づく参考情報(ただし、その正確性及び完全性につきR&Iが保証するものではありません)の提供を目的としており、特定商品の購入、売却、保有を推奨、又は将来のパフォーマンスを保証するものではありません。当大賞は、信用格付業ではなく、金融商品取引業等に関する内閣府令第299条第1項第28号に規定されるその他業務(信用格付業以外の業務であり、かつ、関連業務以外の業務)です。当該業務に関しては、信用格付行為に不当な影響を及ぼさないための措置が法令上要請されています。当大賞に関する著作権等の知的財産権その他一切の権利はR&Iに帰属しており、無断複製・転載等を禁じます。「投資信託/総合部門」の各カテゴリーは、受賞運用会社の該当ファンドの平均的な運用実績を評価したもので、受賞運用会社の全ての個別ファンドについて運用実績が優れていることを示すものではありません。

<リッパー・ファンド・アワード・フロム・リフィニティブ 2019 ジャパンについて>
「リッパー・ファンド・アワード・フロム・リフィニティブ 2019 ジャパン」の評価の基となるLipper Leader Rating (リッパー・リーダー・レーティング)システムのファンドに関する情報は、投資信託の売買を推奨するものではありません。Lipper Leader Rating システムが分析しているのは過去のファンドのパフォーマンスであり、過去のパフォーマンスは将来の結果を保証するものではないことにご留意ください。評価結果は、Lipperが信頼できると判断した出所からのデータおよび情報に基づいていますが、その正確性、完全性等について保証するものではありません。

<トムソン・ロイター リッパー・ファンド・アワードについて>
トムソン・ロイター リッパー・ファンド・アワードの評価の基となるトムソン・ロイター リッパー・リーダーズのファンドに関する情報は、投資信託の売買を推奨するものではありません。トムソン・ロイター リッパー・リーダーズが分析しているのは過去のファンドのパフォーマンスであり、過去のパフォーマンスは将来の結果を保証するものではないことにご留意ください。評価結果は、リッパーが信頼できると判断した出所からのデータおよび情報に基づいていますが、その正確性、完全性等について保証するものではありません。

<投資先企業・調査対象企業の企業価値向上に向けた活動について>
(注1)企業取材とは、経営陣、IR(企業の広報担当者)との面談や電話取材に加え、決算説明会・各種説明会を通じて企業の情報を得ることをいいます。また、ESG関連の企業取材とは、それに加えて、株主総会の議案説明や、ガバナンス担当者との面談等を含みます。
(注2)複数の理由で一人の候補に対して反対する場合があり、上記件数は取締役候補数を上回っています。

▲ページの先頭へ移動