J.P.モルガンでは、60の資産クラスや戦略の今後10~15年における超長期見通し『Long-Term Capital Market Assumptions (LTCMA)』を毎年発表しています。2019年の予測の概要をご紹介します。

① 長期的な世界経済の成長見通しについて、依然として楽観的な見方を維持する一方、景気サイクルの面では慎重に見始めています。

② 景気サイクルが終盤となってきていることから、投資家はリターンを求めて、コア資産以外に目を向け始めています。

出所:J.P.モルガン・アセット・マネジメント
* 円ベース(為替ヘッジなし)、今後10~15年の期待リターンを幾何計算により年率化
上記は、特定の資産クラスまたは戦略を推奨するものではなく、将来の成果を保証するものではありません。

動画で解説

グローバル・マルチ・アセット戦略責任者 ジョン・ビルトンが語る、金融市場の超長期予想

J.P.モルガンの投資信託
関連コンテンツ
すべて見る