本日のインプット:米国の貨物輸送量指数

ストラテジストのいまを読み解くブログ | 2019/11/15 | 重見 吉徳

The Cass Freight Shipment Indexは、米Cass Information System, Inc.社が算出する、米国国内の輸送貨物の出荷量を表す指数です。

昨日、10月分が公表されました。米国の貨物出荷は、前年同月比で見ると、11ヵ月連続のマイナスであり、現状では回復の兆しが見えていません。

出所:Cass Information System, Inc.、Bloomberg、J.P. Morgan Asset Management
データは2019年11月14日時点で取得可能な最新のものを掲載。


また、直近のレポートには、次のような記述があります。

"...The trade war looks as if it has reached a ‘point of no return’ from an economic perspective, as the rates of decline are accelerating. Bottom line, more and more data are indicating that we are already in an economic contraction."

「(出荷指数の)下落率は加速しており、貿易戦争は、経済の面から見ると、「帰還不能点」(point of no return)に達してしまっているかのように見える。結論を言えば、より多くのデータが、我々が既に景気収縮の中にいることを示唆しているようだ。」(→拙訳)