Long-Term Capital Market Assumptions

Time-tested projections to build stronger portfolios

J.P.モルガン・アセット・マネジメントより超長期マーケット予測Long-Term Capital Market Assumptions 2020年版をお届けします。
Long-Term Capital Market Assumptionsは、グローバルに展開するJ.P.モルガン・アセット・マネジメントの経験豊かな運用プロフェッショナルが英知を結集して作成したもので、この試みは改良を加えながら24年にわたって継続しています。50を超える各資産、戦略の10~15年の期待リターンとリスクの分析結果およびその前提となる数値を提供します。

主要ポイント(日本語) 全体版レポート(英語)  

今回は、景気サイクルの後期での投資を検討する上で、トレードオフと複雑性について考察を行いました。特にゼロ金利やマイナス金利の環境においてポートフォリオをどのように構築するかに着目しました。超低金利環境では、投資家は株式60%、債券40%という一般的なバランスポートフォリオを再考する必要が出てきます。具体的にはポートフォリオに柔軟性を持たせ、それを正確に実行することが求められます。

Long-Term Capital Market Assumptionsは、J.P.モルガン・アセット・マネジメントが、お客さまがそれぞれ最適なポートフォリオを構築するお手伝いをする上で中核となるものです。投資家および投資アドバイザーのみなさまが、われわれの見通しをもとに戦略的な資産配分のプランを立てていただけますと幸いです。

テーマ別インサイト

グローバルな投資を検討するにあたって、今後長期にわたって大きな影響を及ぼすと考えられるテーマについて分析しています。