JPM Logo
















グローバル株式に大きなチャンス 株式への資金流入本格化


世界経済はいま、新たな潮目の変化を迎えている。2008年のリーマン・ショックに端を発する金融危機や、11年の欧州債務問題など、世界中を巻き込んだ景気減速期からようやく脱し、先進国をけん引役に回復基調が鮮明になりつつある。そうした中、資金の流れにも変化が生まれている。


株式への資金流入、本格化


昨年来、世界の投資環境では債券から株式への資金シフトを意味する「グレート・ローテーション」が注目されている。図@は米国における投資信託への資金純流入の推移を示したもの。この図表からもすでに株式ファンドへの流入が本格化していることがわかる。

この背景には先進国主導の景気回復による株価の上昇と、金利上昇リスク(債券価格の下落リスク)がある。現状は日米欧ともに低金利にとどまっているが、景気回復とともに、金利は上昇する傾向にある。現状の低金利状態が永続的に続くとは考えにくい。将来的な金利上昇のリスクを視野に入れておいた方が無難だろう。日本は景気回復・デフレ脱却の方向に進んでいる。物価上昇の一方で金利が低水準にとどまっていることから、実質金利が2008年以来のマイナスになっている(図A)。預貯金だけでは資金価値が目減りしてしまう状況であり、リスク資産への投資を通じて資産の目減りを防ぎたいところだ。

これまで日本の個人投資家の資産運用の受け皿としてポピュラーだった債券は、現状のような金利上昇のリスクが高まっているタイミングでは、同時に価格変動のリスクも高くなりつつある。債券に投資する場合は選別が必要だろう。








運用者からのメッセージ

運用者写真今回、日本の投資家の皆さまに「JPMグローバルマイスター」をお届けできることを大変嬉しく思っています。

リーマン・ショックから5年以上が経ち、世界経済は堅調な成長を続けています。株式市場も、米国だけでなく日本、欧州、新興国と、タイミングは異なるものの着実に潮目が変わり、値動きはありますが、全体としては上昇トレンドで推移してきました。一方で株式投資の世界では、マクロ経済に対する過剰な懸念から、個別企業の株価が割安に放置されるということもしばしば見られます。言い換えればこのことは、様々な地域や業種において、成長性の高い企業に割安な株価で投資できるチャンスであるとも言えるでしょう。こうしたチャンスを的確に捉えるために、これまで以上に銘柄選択や機動的な運用の重要性が高まっているのです。
我々「JPモルガン・アセット・マネジメント」グループの経験豊富な運用チームは、当グループが世界各地に有する個別企業調査のリソースを活用しながら、国・地域や業種、時価総額にとらわれずに投資環境の変化に機動的に対応し、投資アイデア・テーマの発掘や検証を絶えず行っています。こうしたプロセスを通じて、世界の市場をリードする“主役”銘柄へいち早く厳選投資を行うことで、日本の投資家の皆さまに魅力的な投資機会を提供できると考えています。

最後に、日本では、投資にかかる新たな税金優遇制度の導入をきっかけとして、より長期投資や株式投資の魅力や重要性が高まりつつあると聞いています。こうした中長期投資の中心的な役割を担うファンドとして、「JPMグローバルマイスター」が日本の皆さまのお役に立てれば、この上ない喜びです。






 

JPMグローバルマイスターの魅力を3つのポイントでご説明します

   

魅力1_世界の株式に投資
世界経済は、着実な改善・拡大の動きを見せ始めています。 世界景気の回復を背景に、今後の企業業績は最高益更新が見込まれており、企業利益の拡大とともに、株価の上昇が期待されます。

解説スライド:企業業績の拡大による株価上昇への期待 >> 詳細を見る

解説スライド:世界株式は依然割安な水準 >> 詳細を見る

   

魅力2_機動的な運用
世界の株式市場は、経済・政治情勢や企業の業績動向等さまざまな要因によって大きく変化し、市場をリードする“主役”の国や業種が入れ替わります。 当ファンドは、投資対象企業の国、業種、時価総額の規模に枠を設けずに運用を行うことにより、投資収益の最大化を目指します。

解説スライド:枠を設けない運用で収益の最大化を目指す >> 詳細を見る

   

魅力3_J.P.モルガンの英知を結集
「豊富な経験と実績を有するグローバル株式チーム」と、「深い知識と高い分析力をもつアナリスト」が、世界の投資環境やトレンドを的確に捉えて投資アイデアを発掘し、確信度の高い銘柄に投資を行います。

解説スライド:世界で評価される運用力と実績 >> 詳細を見る

解説スライド:運用チームが注目する現在の投資テーマ >> 詳細を見る



   

当ファンドは、ファンド・オブ・ファンズ方式で運用を行います。投資先ファンドである世界の株式に投資する「グローバル株式ファンド」(「JPモルガン・ファンズ−グローバル・アンコンストレインド・エクイティ・ファンド」)の組入比率を高位に保つとともに、円建ての公社債に投資する「マネープール・ファンド」(「GIMジャパン・マネープール・ファンドF(適格機関投資家専用)」)にも投資を行います。








【重要】ご投資の前に必ずお読みください

JPMグローバルマイスター(以下、「ファンド」といいます。)は、国内外の株式を主な投資対象とし、また、その他の外貨建資産を保有することがありますので、株式市場、為替相場、その他の市場における価格の変動により、保有している株式等の円換算した価格が下落した場合、損失を被る恐れがあります。